プログラミング

【エクセル】で「ちょこっとプログラミング」応用編#1

投稿日:2020年10月18日 更新日:

プログラミングをしたことのない人向けにExcelでできる「ちょこっとプログラミング」を紹介します。
今回は「空白のセルまで値を取得する」から【応用】として「セルの値で新規ファイルを作成する」を題材にやっていきます。

発展編がまだの人はこちら。

基礎編はこちら

「取得したセルの値」で新規ファイル作成

前回は「空白のセルまで値を取得」をしました。
今回はその「取得したセルの値」で新しいエクセルファイルを作成していきます。

VBAを開こう

もうVBAを開くのも慣れましたかね。

「プロシージャ名」は「セルの値で新規ファイルを作成」としました。

コードを真似しよう

今回の新しい奴らは

  • Workbooks.Add
  • wb.SaveAs Filename:

ちょっとした説明書きを入れてみました。
説明しきれていませんが、参考にしてください。
デスクトップなどにフォルダーを作ってそこに入れてみましょう。

Workbooks.Add

新しいエクセルファイルを作成します。作成するだけで保存はしてません。
「新規のブックを作成する」なんても言ったりもします。

wb.SaveAs Filename:

「Save」だけでも保存されますが、保存先を指定したい場合名前を付けたい場合に「SaveAs」を使用します。

実行してみよう

前回同様、ボタンを配置していきましょう。

こんな感じですね。
では実行していきましょう。ボタンをぽちっと。

フォルダー内に「セルの値」どおりのファイルが作成されました。

まとめ

同じような動きをするプログラムでも、コードの書き方は人それぞれです。
この書き方が正解というわけではありません。結果として同じであればよいと思います。
段々と今のコードよりも、スマートでわかりやすいコードも書けると良いですね。
人のコードを見て真似したり、実践あるのみです。
それではまた。

-プログラミング
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【Python】ANACONDAのインストール

今回は実際に「ANACONDA」をインストールしていきます。既にPythonをインストールしている方はアンインストールしといたほうがいいみたいですね。 ANACONDAのインストール ではまずソフトを …

Python(パイソン)について

最近Pythonという言葉をよく耳にします。プログラミングを始めたばかりだからでしょうか。今回はPythonについて軽く触れていきます。 Pythonについて Pythonとは特徴(メリット)デメリッ …

【Python】Flask-WTFを使ってみる①

今回は「Flask-WTF」について紹介していきます。これはFlaskでアプリを作成する際に、簡単に「フォーム(Form)」を作成できるものです。実際に試していきたいと思います。 Flask-WTFを …

【Python】セルに値を入力してみよう

今回は「openpyxl」を使って、セルに値を入力してみたいと思います。「openpyxl」について、「Excelファイルの読み込み方法」は、以前の記事をご覧ください。 openpyxlでセルに値を入 …

【Windows】ビット数を確認する方法

ソフトをインストールするうえで「64ビット」か「32ビット」で悩んだことはありますか?今回は、そんな「ビット数」の確認方法を紹介します。 ビットってなんだ? 「ビット」とは、コンピューターがデータを処 …

YouTube