プログラミング

【エクセル】で「ちょこっとプログラミング」発展編#1

投稿日:2020年10月17日 更新日:

プログラミングをしたことのない人向けにExcelでできる「ちょこっとプログラミング」を紹介します。
今回は「セルの値を取得する」【発展】として「空白のセルまで値を取得する」を題材にやっていきます。

基礎編がまだの人はこちら。

「セルの値を取得する」を繰り返す

前回は1つのセルの値のみ取得しました。
今回は上から順に「空白のセルまで値を取得する」をしていこうと思います。

VBAを開こう

基礎編と同様に新規の「標準モジュール」を開きましょう。

「プロシージャ名」「空白のセルまで値を取得する」にします。
ちょっと長いですがわかりやすいようにしましょう。

コードを真似しよう

ここで新しい奴らが加わります。

  1. 変数の宣言
  2. Do Until文

変数の宣言

ここでわからないのは「変数」という言葉ですね。
簡単に言えば、「何かを入れるもの」です。データを箱に入れるイメージですね。
今回でいえば「a」と「b」という「変数」を宣言しています。
「変数」の名前は自分で自由につけてください。

  • 「a」
    「カウンタ」というものに使っています。セルから値を取得するごとに「a+1」として、終了した行をカウントしています。
  • 「b」
    ⇒初めに「選択しているセル(ActiveCell)」の値を「b」という「入れ物」に入れています。これだと「Range(“B2”).Select」を格納していますね。

Do Until文

これが処理を繰り返すためのものです。
「Do Until」と「Loop」で繰り返したいものを挟みます。
他に繰り返し処理を行えるものに「For文」と「Do While文」があります。
今回は、【空白のセル「まで(Until)」】なので「Do Until文」を使っています。

実行してみよう

実行するには2パターンありましたね。ではボタンを設置していきましょう

ボタンを作れましたか?忘れた方は前回のを見て思い出しましょう。
今回は「空白のセルまで値を取得する」を登録しましょうね。
そして「B15」まで文字を入力しました。
実行でこれが繰り返し表示されるはずですね。

うまく表示されたでしょうか。

まとめ

こういうものをループ処理なんて言ったりします。
ほとんど同じ動作を繰り返すものに使えますね。
次回は「応用編」を紹介します。それではまた。

-プログラミング
-

執筆者:


  1. […] 【エクセル】で「ちょこっとプログラミング」発展編#1 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【Python】CSVファイルを読み込んでみよう

前回、「matplotlib」を使ってグラフの作り方を学びました。今回は、「CSVファイル」を読み込んで、表示させたいと思います。 「CSVファイル」についての記事はこちら。 CSVファイルってなんだ …

【Python】ColaboratoryでPython

Googleが提供している「Colaboratory」を紹介します。Python初心者にも気軽に使えるものになっていますね。 Google Colaboratoryとは 「Colaboratory」は …

【Python】Flask-WTFを使ってみよう④

前回は「文字数」の「バリデーション」を設定しました。今回は「パスワード」の方を設定していきます。 パスワードの設定をしてみよう 前回の記事はこちら。 【Python】Flask-WTFを使ってみよう③ …

【Python】Jupyterで「.py」を実行するには?

「Jupyter Notebook」で「.py」を開くとテキストファイルとして読み込まれます。では「.py」を実行するにはどうしたらいいのでしょうか。実際に自分が使っている方法を紹介します。 Jupy …

【Python】VBAをPythonで再現してみる①

以前に「エクセル」で出来るプログラミングとして「VBA」を紹介しましたが今回は「Python」でその中身を再現していきたいと思います。 VBAをPythonで再現してみよう 「VBA(Visual B …

YouTube