プログラミング学習

【エクセル】VBAで変数の宣言

投稿日:

以前に、エクセルでできる「ちょこっとプログラミング」を書きました。
そのなかで「変数の宣言」について触れたんですが、今回はもう少し掘り下げて紹介していこうと思います。

以前の記事はこちら。

変数の宣言

プログラミングしていくうえで「変数」を使用します。
そして「この変数を使います!」と「宣言」するのが「変数の宣言」です。
そのままですね。笑
「変数」というものが分かれば、何となく理解できそうです。
では、見ていきましょう。

変数とは

「変数」は、「何かを入れるもの」と以前に表現しました。
下のような箱をイメージしていただければいいと思います。
プログラミング上で「箱に入れるもの」としては、「人の名前」、「価格」、「日付」などの様々なデータが当てはまります。

変数の宣言

変数の宣言
 Dim 変数

このように記述することで「変数の宣言」が完了です。
しかし、このままだと変数の中に数字でも、文字でもなんでも入ってしまいます。
もし仮に「人の名前」だけを入れたい場合に、「1」などの数字が入ってしまうと思った動作をさせることができません。
そこで「型」というものを「変数」と一緒に宣言してあげるんです。

変数の型(データ型)

変数の型(データ型)は様々あります。
例えば

※数字(整数)を入れる場合
 Dim 変数 As Integer
※「Integer(整数型)」
※文字を入れる場合
 Dim 変数 As String
※「String(文字列型)」

このように(Dim 変数)の後に(As データ型)を宣言してあげることによって「変数」の中に入れられるものを限定できます。

変数の宣言のメリット

変数を宣言することでのメリットを少し紹介します。

  • 応用が利く
    ⇒変数に入るものが、毎回変化しても同じコードで対応できます。
※「a」,「b」,「c」を「Integer(整数型)」として宣言
Dim a As Integer, b As Integer, c As Integer
※「a」に1、「b」に2が入れば、「c」は3
 「a」に3、「b」に4が入れば、「c」は7
 c = a + b 
  • 入力を省略できる
    ⇒繰り返し使うものや、URL(パス)などの長いものを変数に入れることで省略できます。
「myfile」を「String文字列型」として宣言
Dim myfile As String

※ファイルの場所のパスを変数に入れる
myfile = C:\Users\Downloads\~~~\~~~\~~~

まとめ

「変数の宣言」について理解が深まりましたか?
普通なら使うことも、聞くこともない「変数」という言葉ですが
プログラミングをするうえでは、重要なものになってくると思います。
うまく活用して他の人が見てもわかりやすいコードを意識しましょう。
それではまた。

-プログラミング学習

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【Python】顔を検出してみよう

これまで「OpenCV」で画像を読み込んだり、加工してきました。今回は、「顔」の検出をやってみようと思います。 Pythonで顔を検出してみよう コードを真似しよう import cv2 face_c …

【Python】VBAをPythonで再現してみる②

前回に引き続き「VBA」の動きを「Python」で再現していきます。今回は、セルの値を「繰り返し」取得して行きたいと思います。 セルの値を繰り返し取得しよう 前回はセルの値を取得し、メッセージボックス …

【Python】掲示板に「削除機能」を追加してみた①

以前作成した「Flask掲示板」に、投稿を削除する機能を追加してみました。「Flask-WTF」と「SQLAlchemy」を使ったものです。今回は、コードと機能を紹介したいと思います。 掲示板に「削除 …

【Python】グラフを作成してみよう

Pythonでは、グラフを作成することも出来ます。今回は、実際にグラフの作り方を見ていきたいと思います。 Pythonでグラフを描いてみよう Pythonでグラフを作成するには「matplotlib」 …

【Python】VBAをPythonで再現してみる①

以前に「エクセル」で出来るプログラミングとして「VBA」を紹介しましたが今回は「Python」でその中身を再現していきたいと思います。 VBAをPythonで再現してみよう 「VBA(Visual B …