プログラミング学習

【HTML】iframeタグで動画を埋め込む

投稿日:

会社のイントラで「frameタグ」を使用していたんですが、今はもう廃止されているんですね。
その代替えとして「iframeタグ」というものがあったので紹介します。
今回は、自分の好きな動画をWEBページに埋め込んでいきます。

iframeタグとは

WEBページは通常「htmlタグ」の中に文章を記述して、表示されています。
簡単に言っちゃうと、その「htmlタグ」の中に別の「htmlタグ」を入れるのが「iframeタグ」になります。
WEBページの中に、小さくなった別のWEBページが入ってるイメージですね。

iframeタグの使用例

では、「iframeタグ」はどう使われているんでしょうか。

  • Youtubeの埋め込み
  • ブログ記事の埋め込み
  • amazon等の商品ページの埋め込み
  • 地図の埋め込み
  • SNSの埋め込み

他にも様々な使用例があります。
色んな使い方ができて、便利ですね。

これが「YouTube」の動画を埋め込んだものです。
自分の好きなアーティストの「竹渕慶」さんのMVです。
ぜひご覧ください。

動画の埋め込み方法

「iframeタグ」の使用例として、「YouTube」の動画の埋め込み方法を紹介します。
動画を埋め込むうえで注意事項があるので、事前にしっかり確認しましょう。
「YouTube」の利用規約はこちら。

埋め込みたい動画を開く

共有をクリックします。

埋め込むを選択

埋め込むを選択しましょう。

コードをコピーしよう

コピーしていきましょう。

貼り付ける

コピーしたものを貼り付けます。
コードを見てわかるように「iframeタグ」が記述されていますね。

完了

これで埋め込み完了です。

まとめ

「iframeタグ」を使うことで、ほかのWEBページを手軽に埋め込むことができますし、情報を更新したい場合は「iframeタグ」の中だけをメンテナンスすればいいですね。
使いこなしていきたいものだと思います。
以上、「iframeタグ」でした。
それではまた。

-プログラミング学習

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【Python】ログイン機能を作る「Flask-Login」②

「ログイン機能を作る Part2」をやっていこうと思います。今回は「flask_login」で使うページ(テンプレート)の実装をやっていきます。 「flask_login」を使ってみよう ではまずイン …

【Python】Jupyterで「.py」を実行するには?

「Jupyter Notebook」で「.py」を開くとテキストファイルとして読み込まれます。では「.py」を実行するにはどうしたらいいのでしょうか。実際に自分が使っている方法を紹介します。 Jupy …

【Python】Flask-WTFを使ってみよう④

前回は「文字数」の「バリデーション」を設定しました。今回は「パスワード」の方を設定していきます。 パスワードの設定をしてみよう 前回の記事はこちら。 【Python】Flask-WTFを使ってみよう③ …

【Python】データベースを使ってみよう

前回「データベース」を操作するための言語が「SQL」だということを学びました。今回は「python」のライブラリにある「SQLite」を使って「データベース」を実際に触ってみたいと思います。 Pyth …

PHPで出来ること

今回はPHPに触れていきます PHPとは WEBページを作るうえでHTMLを使用しているということは以前書きましたがHTMLだけでは作成者(ブログ主など)が書いたものしか表示されません。これでは作成者 …