プログラミング

【Python】セルに値を入力してみよう

投稿日:2020年11月26日 更新日:

今回は「openpyxl」を使って、セルに値を入力してみたいと思います。
「openpyxl」について、「Excelファイルの読み込み方法」は、以前の記事をご覧ください。

openpyxlでセルに値を入力してみよう

「Jupyter Notebook」、「openpyxl」、を使っていきます。

Jupyter Notebook(Anaconda)についてはこちら。

openpyxlについてはこちら。

Excelファイルを読み込もう

インポートは、もう慣れたものですよね。

import openpyxl as xl

wb = xl.load_workbook(r"C:\*****\test.xlsx")
wb.sheetnames

復習になりますが、このコードでシートの名前が返ってくれば読み込み完了ですね。

Excelファイルの読み込みについてはこちら。

書き込むシートを選択しよう

import openpyxl as xl

wb = xl.load_workbook(r"C:\*****\test.xlsx")
wb.sheetnames
----------------------------------------------------------
sheet = wb['ANDoblog']

これで「ANDoblog」という名前のシートが選択されたはずですね。

値を入力してみよう

import openpyxl as xl

wb = xl.load_workbook(r"C:\*****\test.xlsx")
wb.sheetnames
sheet = wb['ANDoblog']
----------------------------------------------------------
sheet['A1'] = 'Hello'
sheet['B1'] = 12345

wb.save(r"C:\Users\tomo_\OneDrive\デスクトップ\test2.xlsx")

「A1」に「Hello」、「B1」に「12345」を入力してみました。
そして違う名前を付けて保存しました。
Excelファイル(test2.xlsx)を開いて確認してみましょう。

実行結果を確認してみよう

指定した場所に、値が入力されています。

まとめ

値の入力を行ってみました。
簡単に入力できることが分かりましたね。
画像なども挿入できるのでしょうか?
次回、試してみたいと思います。
それではまた。

-プログラミング
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

VBAでお仕事効率化

みなさんはExcelを仕事で使用していますか?Excelの中には「VBA」というものが搭載されています。この「VBA」が使えればいつものルーティンワークも自動化することができます。今回は「VBA」の使 …

【Python】Flaskのフォルダ構成

「Flask」でアプリを作成する際に、知っておきたいフォルダ構成を紹介します。 Flaskでアプリを作成してみよう 「Flask」を勉強し始めて、1か月が経過しました。この1カ月で学んだ「Flask」 …

【Python】Excelファイルを読み込もう

前回作成したExcelファイルを読み込んでみたいと思います。今回も「openpyxl」を使っていきますよ~。 Excelファイルを読み込んでみよう openpyxlをインポートしよう まず、「open …

【Python】ログイン機能を作る「Flask-Login」⑥

「ログイン機能を作る」も【Part6】となりました。前回は「ログインできる機能」を追加しました。今回は「データベース」の設定を追加していこうと思います。 データベースを使っていこう 前回は、決められた …

【Python】ログイン機能を作る「Flask-Login」②

「ログイン機能を作る Part2」をやっていこうと思います。今回は「flask_login」で使うページ(テンプレート)の実装をやっていきます。 「flask_login」を使ってみよう ではまずイン …

YouTube