プログラミング

【Python】ログイン機能を作る「Flask-Login」④

投稿日:

「Flask-Login」を使って「ログイン機能を作る」【Part4】になります。
今回は「ログインページ(login.html)」に入力フォームを作っていきたいと思います。
「Flask-WTF」を使っていくので復習になりますね。

ログインページにフォームを作ろう

ログインするための「name(名前)」,「mail(メールアドレス)」を入力するフォームを使っていきます。

③の記事はこちら。

「flask_wtf」をインポートしよう

「flask_wtf」から「FlaskForm」
「wtforms」から「StringField」,「SubmitField」をインポートしましょう。

from flask import Flask, render_template
from flask_login import LoginManager, login_required

----------------------------------------------

from flask_wtf import FlaskForm
from wtforms import StringField, SubmitField

----------------------------------------------

app = Flask(__name__)
login_manager = LoginManager()
login_manager.init_app(app)
app.config['SECRET_KEY'] = "secret"

@login_manager.user_loader

@app.route('/')
def index():
  return render_template('top.html')

@app.route('/member')
@login_required
def member():
  return render_template('member.html')

@app.route('/login', methods=['GET','POST'])
def login():
  return render_template('login.html')

@app.route('/logout')
def logout():
  return render_template('logout.html')

if __name__ == "__main__":
    app.run(host="localhost", debug=True)

「Flask-WTF」についてはこちら。

Formクラスを定義しよう

「FlaskForm」を継承した「LoginForm」を定義していきます。

from flask import Flask, render_template
from flask_login import LoginManager, login_required
from flask_wtf import FlaskForm
from wtforms import StringField, SubmitField

app = Flask(__name__)
login_manager = LoginManager()
login_manager.init_app(app)
app.config['SECRET_KEY'] = "secret"

----------------------------------------------

class LoginForm(FlaskForm):
    name = StringField('名前')
    mail = StringField('メールアドレス')
    submit = SubmitField('ログイン')

----------------------------------------------

@login_manager.user_loader


@app.route('/')
def index():
  return render_template('top.html')


@app.route('/member')
@login_required
def member():
  return render_template('member.html')


@app.route('/login', methods=['GET','POST'])
def login():
  return render_template('login.html')

@app.route('/logout')
def logout():
  return render_template('logout.html')

if __name__ == "__main__":
    app.run(host="localhost", debug=True)

「name(名前)」,「mail(メールアドレス)」,「submit(ログイン)」をフォームに作成します。

Formクラスをインスタンス化しよう

「@app.route」にインスタンスを作成していきます。

from flask import Flask, render_template
from flask_login import LoginManager, login_required
from flask_wtf import FlaskForm
from wtforms import StringField, SubmitField

app = Flask(__name__)
login_manager = LoginManager()
login_manager.init_app(app)
app.config['SECRET_KEY'] = "secret"

class LoginForm(FlaskForm):
    name = StringField('名前')
    mail = StringField('メールアドレス')
    submit = SubmitField('ログイン')

@login_manager.user_loader

@app.route('/')
def index():
  return render_template('top.html')

@app.route('/member')
@login_required
def member():
  return render_template('member.html')

----------------------------------------------

@app.route('/login', methods=['GET','POST'])
def login():
  form = LoginForm()
  return render_template('login.html',form=form)

----------------------------------------------

@app.route('/logout')
def logout():
  return render_template('logout.html')

if __name__ == "__main__":
    app.run(host="localhost", debug=True)

「methods=[‘GET’,’POST’]」も追加しておきましょう。

では最後にテンプレート(login.html)を変更していきます。

テンプレートを作成しよう

<html>
  <head>
    <title>Login</title>
  </head>
  <body>
    <h1>ログイン</h1>
    <p>
      <form method="POST" action="{{url_for('login')}}">
        {{ form.csrf_token }}
        {{ form.name.label }}:{{ form.name }} 
        {{ form.mail.label }}:{{ form.mail }}
        {{ form.submit}}
     </form>
    </p>
  </body>
</html>

これで入力フォームができたはずです。
見ていきましょう。

ログインページを確認しよう

まずは「login.py」を実行。「top.html(localhost:5000)」にアクセス。

「ログインはこちら」から確認しましょう。

今回はフォームを作成しただけなので、ログインボタンをを押しても何も起こりませんね。

まとめ

「入力フォーム」を作成してみました。
「Flask-WTF」を使ったものになります。
やはり簡単にフォームを作成できるので便利ですね。
ぜひ使い方を参考にしてみてください。それではまた。

-プログラミング
-

執筆者:


  1. […] 【Python】ログイン機能を作る「Flask-Login」④ […]

  2. […] 【Python】ログイン機能を作る「Flask-Login」④ […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【Python】ANACONDA NAVIGATORを使ってみよう

今回は「ANACONDA NAVIGATOR」でライブラリのインストール方法を紹介します。 ANACONDA NAVIGATORを使ってみよう 「ANACONDA NAVIGATOR」を使えば、簡単に …

【Python】リサイズした画像をExcelに貼ってみよう

前回は、画像を「openpyxl」でExcelシートに貼り付けることができました。今回は「OpenCV」を使って、リサイズしてから画像を貼り付けてみたいと思います。 リサイズした画像を貼ってみよう O …

HTMLの要素

ほとんどのサイトがHTMLという言語で出来ており複数のコードによって作られていましたね。今回はコードの中身で使用される要素というものについて書いていきます。 要素の役割 コードを記述するうえで必要な知 …

【Windows】ビット数を確認する方法

ソフトをインストールするうえで「64ビット」か「32ビット」で悩んだことはありますか?今回は、そんな「ビット数」の確認方法を紹介します。 ビットってなんだ? 「ビット」とは、コンピューターがデータを処 …

【おすすめ】テキストエディタ

みなさんは「プログラミングコード」を何に書いていますか?様々な「テキストエディタ」がありますが今回は自分が使用しているおすすめのものを紹介します。 おすすめのテキストエディタ紹介 「テキストエディタ」 …

YouTube