プログラミング

【Python】ログイン機能を作る「Flask-Login」⑦

投稿日:

「ログイン機能を作る」【Part7】。
前回は「データベース」の設定を追加しました。
今回は「ログイン処理」の部分を変更していこうと思います。

ログイン処理を変更しよう

「名前」に「ANDoblog」,「メールアドレス」に「test@mail」と入力しないとログインできない仕様となっていましたね。

今回は「データベース」に登録されている「アカウント」と「入力されたデータ」を照合しログインできるような処理を書いていきます。

データベースにアカウントを登録しよう

あらかじめ「データベース」に「アカウント」を登録し照合してみます。

アカウントの登録は「DB Browser for SQLite」を使用します。

「login.py」を実行して、データベースに「テーブル」を作成(db.create_all())しましょう。

「DB Browser for SQLite」についてはこちら。

これで「User」テーブルが作成されました。
では「アカウント」を追加してみましょう。

「新しいレコード」を挿入します。

この部分を変更していきましょう。

「name」に「testuser」,「mail」に「test@test」と入力しました。
最後に「変更を書き込み」を押して更新しましょう。

ログイン処理を書き込もう

あとは「ログイン処理」を書いていきます。

from flask import Flask, render_template, redirect
from flask_login import LoginManager, login_required, UserMixin, login_user, logout_user
from flask_wtf import FlaskForm
from wtforms import StringField, SubmitField
from flask_sqlalchemy import SQLAlchemy

app = Flask(__name__)
login_manager = LoginManager()
login_manager.init_app(app)
app.config['SECRET_KEY'] = "secret"

db_uri = 'sqlite:///login.db'
app.config['SQLALCHEMY_DATABASE_URI'] = db_uri
db = SQLAlchemy(app)

class User(UserMixin, db.Model):
    __tablename__ = 'User'
    id = db.Column(db.Integer, primary_key=True)
    name = db.Column(db.Text())
    mail = db.Column(db.Text())
    def __init__(self, name, mail):
      self.name = name
      self.mail = mail

db.create_all()

class LoginForm(FlaskForm):
  name = StringField('名前')
  mail = StringField('メールアドレス')
  submit = SubmitField('ログイン')

@login_manager.user_loader
def load_user(user_id):
  return User.query.get(int(user_id))

@app.route('/')
def index():
  return render_template('top.html')

@app.route('/member')
@login_required
def member():
  return render_template('member.html')

--------------------------------------------------------------------------------------------

@app.route('/login', methods=['GET','POST'])
def login():
  form = LoginForm()
  if form.validate_on_submit():
    if User.query.filter_by(name=form.name.data, mail=form.mail.data).one_or_none():
      user = User.query.filter_by(name=form.name.data).one_or_none()
      login_user(user)
      return redirect('/member')
    else:
      return 'ログインに失敗しました'
  return render_template('login.html',form=form)

--------------------------------------------------------------------------------------------

@app.route('/logout')
def logout():
  logout_user()
  return render_template('logout.html')

if __name__ == "__main__":
    app.run(host="localhost", debug=True)

これで動いてくれるでしょう。

では試してみます。

ログインしてみよう

では動画でご覧ください。

以前のように「ANDoblog」,「test@mail」ではログインできませんね。

アカウントデータに基づいてログインできています。

まとめ

無事ログイン処理が実行されました。
次回は「新規アカウント作成」の機能を作っていきたいですね。
それではまた。

-プログラミング
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【Python】ログイン機能を作る「Flask-Login」⑨

「ログイン機能を作る」の【Part9】をやっていきます。前回は「新規アカウント作成」の「入力フォーム」と「バリデーション」を作りました。今回は残りの「テンプレートの作成(entry.html)」と「ア …

【HTML】表示・非表示切り替えスイッチ

WEBページを作ってる上で「初めのうちは非表示にしておきたい。」と思ったときに、便利なのが「表示と非表示を切り替えられるスイッチ」です。自分はページのデザイン的に、非表示にしておいた方がスリムだな。と …

Anaconda(アナコンダ)について

Pythonを学習していくにあたって様々な用語を目にします。今回はその1つである、Anacondaについて触れていきます。 Anacondaとは AnacondaはPythonが入っているのは勿論のこ …

【IT用語】OSってなんだ?

「OS」という言葉を耳にした人は多いと思いますが、どういうものかと聞かれるとうまく答えられない人がほとんどだと思います。今回から何回かに分けて「OS」についてまとめてみたいと思います。 OSってなんだ …

【Python】ログイン機能を作る「Flask-Login」⑤

「ログイン機能を作る」【Part5】を書いていきます。前回作成した「入力フォーム」からログインできる機能を追加していきます。 ログイン機能を追加しよう 今回は、決められた「name(名前)」,「mai …

YouTube