プログラミング

【Python】加工した画像を保存してみよう

投稿日:2020年11月19日 更新日:

これまで「OpenCV」を使って、画像の読み込み、表示、リサイズなどを実践してきました。
今回は、その加工した画像を保存してみたいと思います。

加工した画像を保存してみよう

今回も、前回のコードに追記する形で進めていきます。

前回の「OenCV」についての記事はこちら。

imwrite関数を使おう

読み込んだものをそのまま保存してみよう

import cv2

p = cv2.imread('mycon.png', 1)
-------------------------------------------------
cv2.imwrite('p_mycon.png',p)
           (保存する画像のファイル名, 保存したい画像)

ここでは、「imread関数」で読み込んだ画像を、違うファイル名にして保存しています。
複製しただけになりますね。

ちゃんと保存されています。

リサイズしたものを保存してみよう

import cv2

p = cv2.imread('mycon.png', 0)
------------------------------------------------
r = cv2.resize(p, dsize=None, fx=0.5, fy=0.5)
cv2.imwrite('r_mycon.png',r)
  1. 「imread」で、読み込む。
  2. 「resize」で、指定した倍率に加工。
  3. 「imwrite」で保存。

このような内容で進んでいます。
「r_mycon.png」という名前で保存されるはずですね。

加工した画像を確認してから保存してみよう

import cv2

p = cv2.imread('mycon.png', 0)
r = cv2.resize(p, dsize=None, fx=0.5, fy=0.5)
-----------------------------------------------
cv2.imshow('open', r)

key = cv2.waitKey(0)

if key == ord('a'):
    cv2.imwrite('r_mycon.png',r)
    cv2.destroyAllWindows()
else :
    cv2.destroyAllWindows()

読み取り、リサイズした後に

  1. 「imshow」で、リサイズした画像を表示。
  2. 「waitKey」で、キー入力を待つ。
  3. 「if(もし)」、「a」が入力されたら画像を保存する。
  4. 「else(それ以外なら)」、保存せずに終了する。

これなら、画像処理の結果を確認してから保存できます。

まとめ

今回は、画像の保存方法でした。
少しずつ「OpenCV」の使い方を理解できるようになってきました。
まずは、基礎からコツコツ学んでいきましょう。
それではまた。

-プログラミング
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【HTML】iframeタグで動画を埋め込む

会社のイントラで「frameタグ」を使用していたんですが、今はもう廃止されているんですね。その代替えとして「iframeタグ」というものがあったので紹介します。今回は、自分の好きな動画をWEBページに …

プログラミング学習のツール

緊張しながら初めての投稿です。現在までHTML、CSS、PHPの基礎を勉強しています。 今回は自分が使用している学習ツールについてご紹介します。 ドットインストール 自分はドットインストールというもの …

【Python】def文ってなんだ?

今回は、Pythonの「def文」について紹介していきます。 def文ってなんだ? 「def文」は「関数」を定義する際に使用する構文となります。 def文) def 関数(): 処理 ——– …

ローカル掲示板①

今回はPHPの学習を兼ねて掲示板を作っていきます。 ①ベース作成 まずは掲示板のベースを作っていきます。HTMLを使いますね。 とりあえずこんな感じにします。 <!DOCTYPE html&gt …

【Python】ログイン機能を作る「Flask-Login」⑥

「ログイン機能を作る」も【Part6】となりました。前回は「ログインできる機能」を追加しました。今回は「データベース」の設定を追加していこうと思います。 データベースを使っていこう 前回は、決められた …

YouTube