プログラミング学習

【Python】加工した画像を保存してみよう

投稿日:

これまで「OpenCV」を使って、画像の読み込み、表示、リサイズなどを実践してきました。
今回は、その加工した画像を保存してみたいと思います。

加工した画像を保存してみよう

今回も、前回のコードに追記する形で進めていきます。

前回の「OenCV」についての記事はこちら。

imwrite関数を使おう

読み込んだものをそのまま保存してみよう

import cv2

p = cv2.imread('mycon.png', 1)
-------------------------------------------------
cv2.imwrite('p_mycon.png',p)
           (保存する画像のファイル名, 保存したい画像)

ここでは、「imread関数」で読み込んだ画像を、違うファイル名にして保存しています。
複製しただけになりますね。

ちゃんと保存されています。

リサイズしたものを保存してみよう

import cv2

p = cv2.imread('mycon.png', 0)
------------------------------------------------
r = cv2.resize(p, dsize=None, fx=0.5, fy=0.5)
cv2.imwrite('r_mycon.png',r)
  1. 「imread」で、読み込む。
  2. 「resize」で、指定した倍率に加工。
  3. 「imwrite」で保存。

このような内容で進んでいます。
「r_mycon.png」という名前で保存されるはずですね。

加工した画像を確認してから保存してみよう

import cv2

p = cv2.imread('mycon.png', 0)
r = cv2.resize(p, dsize=None, fx=0.5, fy=0.5)
-----------------------------------------------
cv2.imshow('open', r)

key = cv2.waitKey(0)

if key == ord('a'):
    cv2.imwrite('r_mycon.png',r)
    cv2.destroyAllWindows()
else :
    cv2.destroyAllWindows()

読み取り、リサイズした後に

  1. 「imshow」で、リサイズした画像を表示。
  2. 「waitKey」で、キー入力を待つ。
  3. 「if(もし)」、「a」が入力されたら画像を保存する。
  4. 「else(それ以外なら)」、保存せずに終了する。

これなら、画像処理の結果を確認してから保存できます。

まとめ

今回は、画像の保存方法でした。
少しずつ「OpenCV」の使い方を理解できるようになってきました。
まずは、基礎からコツコツ学んでいきましょう。
それではまた。

-プログラミング学習

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【エクセル】で「ちょこっとプログラミング」発展編#1

プログラミングをしたことのない人向けにExcelでできる「ちょこっとプログラミング」を紹介します。今回は「セルの値を取得する」の【発展】として「空白のセルまで値を取得する」を題材にやっていきます。 基 …

社内イントラネットに掲示板作成してみた。①

自分の仕事はプログラミングとは無縁なのですが、業務でもプログラミングを勉強、活用したいと思い取り組んでみました。その題材が「社内イントラネットに掲示板作成してみた。」です。今回は掲示板を作成するうえで …

ローカル掲示板②

前回作成したベースにPHPを追加していきます。 PHPの追加 参考サイト:https://www.sejuku.net/blog/97648 —————————-↓ …

【Windows】ビット数を確認する方法

ソフトをインストールするうえで「64ビット」か「32ビット」で悩んだことはありますか?今回は、そんな「ビット数」の確認方法を紹介します。 ビットってなんだ? 「ビット」とは、コンピューターがデータを処 …

【Python】Flask-WTFを使ってみる②

前回に引き続き、「Flask-WTF」を使っていきたいと思います。 forms.pyにコードを追記しよう 前回の記事はこちら。 【Python】Flask-WTFを使ってみる① from flask …