プログラミング学習

【Python】画像を読み込んでみよう

投稿日:

Pythonのライブラリの中にある「OpenCV」を使って、画像処理をしていこうと思います。
今回は、画像を読み込ませて表示させます。

Pythonで画像を読み込んでみよう

Pythonで「画像処理」をするにあたって、「OpenCV」というライブラリを使用していきます。

OpenCVとは

「OpenCV」とは、「Open Source Computer Vision Library」の略称です。
インテルが開発したものみたいですね。
「画像処理」、「画像分析」、「機械学習」などの機能を持ちます。

今回も、「Jupyter Notebook」を使用していきますね。

Jupyter Notebook(Anaconda)についてはこちら。

「Anaconda Navigator」を開く

「OpenCV」をインストールしていきます。

  1. 左メニューバーの「Environments」を選択
  2. ドロップダウンリストの「installed」を「All」に変更
  3. 検索窓に「opencv」を入力
  4. 「opencv」のチェックボックスをクリック
  5. 右下の「Apply」でインストール

画像をアップロードする

「Upload」をクリックして、自分のファイルから好きな画像を選択しましょう。

Jupyter Notebookを開く

では、「jupyter Notebook」で新規ブックを開きましょう。

「cv2」をインポート

import cv2

これで、インポート完了です。

画像を表示しよう

import cv2
----------------------------------------
p = cv2.imread('mycon.png', 1)
              (アップロードした画像 , ※画像の読み込み方法)
cv2.imshow('open', p)
      (ウィンドウ名 , 読み込んだ画像)
cv2.waitKey(0)
cv2.destroyAllWindows()

「p」に画像を「imread(読み込み)」、「imshow(表示)」しています。

※画像の読み込み方法

  • 0 ⇒ グレースケール画像として読み込む(白黒)
  • 1 ⇒ カラー画像として読み込む。(透明度は無視)
  • -1 ⇒ アルファチャンネルを含めた画像として読み込む
    ※アルファチャンネル ⇒ 透明度のデータ

左がカラー画像(1)、右がグレースケール画像(0)として読み込みました。

まとめ

「OpenCV」どうでしょうか。
サイズの変更、顔の検出など様々な画像処理ができるようですね。
いろいろ試してみたいと思います。
それではまた。

-プログラミング学習

執筆者:


  1. […] 【Python】画像を読み込んでみよう […]

  2. […] 【Python】画像を読み込んでみよう […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【Python】Flaskで掲示板を作ってみよう①

前回「Flask」の動作を確認することができたので「掲示板」の作成をやっていきたいと思います。今回は「index.html」を表示させるところまでいきたいと思います。 前回の記事はこちら 【Pytho …

【Python】Flaskで掲示板を作ってみよう②

「Flaskで掲示板を作ってみよう①」から、間が空きましたが続きを書いていきたいと思います。今回は、実際に動作したコードを紹介します。 前回の記事はこちら 【Python】Flaskで掲示板を作ってみ …

【毎日投稿】4ヵ月達成

ブログを解説して、毎日投稿を続け「4ヵ月」を迎えました。今回は、今までの「Python」に関する記事をまとめて紹介したいと思います。 毎日投稿4ヵ月を迎えて おかげさまで4ヵ月目を迎えることができまし …

プログラミング学習のツール

緊張しながら初めての投稿です。現在までHTML、CSS、PHPの基礎を勉強しています。 今回は自分が使用している学習ツールについてご紹介します。 ドットインストール 自分はドットインストールというもの …

HTMLで出来ること

今回はプログラミングを学ぶ上で最初に通る道であろうHTMLについてです。 プログラミング入門 プログラミング言語は様々ありますがWEBページを作るうえで使用されるのがHTMLというものです。このページ …