プログラミング

【Python】CSVファイルを読み込んでみよう

投稿日:2020年11月12日 更新日:

前回、「matplotlib」を使ってグラフの作り方を学びました。
今回は、「CSVファイル」を読み込んで、表示させたいと思います。

「CSVファイル」についての記事はこちら。
「matplotlib」についての記事はこちら。

CSVファイルを表示しよう

今回も「Jupyter Notebook」を使っていきます。

CSVファイルを取得しよう

「CSVファイル」は、「Search Console」のデータを使用していこうと思います。

「検索パフォーマンス」のデータを「エクスポート」します。

上の図の「エクスポート」から「CSVをダウンロード」で取得しました。

CSVファイルをアップロードしよう

「Jupyter Notebook」に「CSVファイル」をアップロードしていきます。

赤枠の「Upload」を選択します。

「ページ.csv」を「Upload」しました。

ライブラリをインポートしよう

今回は、「CSVファイル」を読み込むのに「pandas」をインポートしていきます。

import pandas as pd

CSVファイルを表示する

「CSVファイル」を読み込んで、出力します。

data = pd.read_csv('ページ.csv',encoding = 'UTF8')
data

「data」に「read_csv」で読み込み、出力しています。

出力結果がこちらになります。
見やすいですね。

まとめ

「CSVファイル」を読み込んで、表示させてみました。
次回は、この表をもとにグラフを作っていこうと思います。
それではまた。

-プログラミング
-

執筆者:


  1. […] CSVファイルの読み込み方はこちら。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【Python】ログイン機能を作る「Flask-Login」②

「ログイン機能を作る Part2」をやっていこうと思います。今回は「flask_login」で使うページ(テンプレート)の実装をやっていきます。 「flask_login」を使ってみよう ではまずイン …

【HTML】iframeタグで動画を埋め込む

会社のイントラで「frameタグ」を使用していたんですが、今はもう廃止されているんですね。その代替えとして「iframeタグ」というものがあったので紹介します。今回は、自分の好きな動画をWEBページに …

【Python】Flask-WTFを使ってみる②

前回に引き続き、「Flask-WTF」を使っていきたいと思います。 forms.pyにコードを追記しよう 前回の記事はこちら。 【Python】Flask-WTFを使ってみる① from flask …

【IT用語】OSってなんだ?

「OS」という言葉を耳にした人は多いと思いますが、どういうものかと聞かれるとうまく答えられない人がほとんどだと思います。今回から何回かに分けて「OS」についてまとめてみたいと思います。 OSってなんだ …

【Python】Flaskってなんだ?

Pythonのライブラリの中に「Flask」というライブラリがあります。「Flask」を使うことで、簡単に「WEBアプリケーション」を作成できるようなので試していきたいと思います。今回は、「Flask …

YouTube