プログラミング

【Python】CSVファイルを読み込んでみよう

投稿日:2020年11月12日 更新日:

前回、「matplotlib」を使ってグラフの作り方を学びました。
今回は、「CSVファイル」を読み込んで、表示させたいと思います。

「CSVファイル」についての記事はこちら。
「matplotlib」についての記事はこちら。

CSVファイルを表示しよう

今回も「Jupyter Notebook」を使っていきます。

CSVファイルを取得しよう

「CSVファイル」は、「Search Console」のデータを使用していこうと思います。

「検索パフォーマンス」のデータを「エクスポート」します。

上の図の「エクスポート」から「CSVをダウンロード」で取得しました。

CSVファイルをアップロードしよう

「Jupyter Notebook」に「CSVファイル」をアップロードしていきます。

赤枠の「Upload」を選択します。

「ページ.csv」を「Upload」しました。

ライブラリをインポートしよう

今回は、「CSVファイル」を読み込むのに「pandas」をインポートしていきます。

import pandas as pd

CSVファイルを表示する

「CSVファイル」を読み込んで、出力します。

data = pd.read_csv('ページ.csv',encoding = 'UTF8')
data

「data」に「read_csv」で読み込み、出力しています。

出力結果がこちらになります。
見やすいですね。

まとめ

「CSVファイル」を読み込んで、表示させてみました。
次回は、この表をもとにグラフを作っていこうと思います。
それではまた。

-プログラミング
-

執筆者:


  1. […] CSVファイルの読み込み方はこちら。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【Python】「from ~ import ~」 の使い方

Pythonコードを見ていると「from ~ import ~ 」という記述をよく見ると思いますが、どういう意味なのでしょうか。今回は「from ~ import ~ 」の使い方を紹介したいと思います …

【Python】セルに値を入力してみよう

今回は「openpyxl」を使って、セルに値を入力してみたいと思います。「openpyxl」について、「Excelファイルの読み込み方法」は、以前の記事をご覧ください。 openpyxlでセルに値を入 …

【Python】ログイン機能を作る「Flask-Login」⑧

「ログイン機能を作る」の【Part8】いってみましょう。前回は「ログイン処理」を変更しました。今回からは「新規アカウント作成」の機能を作っていこうと思います。 アカウントの登録機能を作ろう では「アカ …

【Python】掲示板に「削除機能」を追加してみた①

以前作成した「Flask掲示板」に、投稿を削除する機能を追加してみました。「Flask-WTF」と「SQLAlchemy」を使ったものです。今回は、コードと機能を紹介したいと思います。 掲示板に「削除 …

PHP開発環境

今回は実際にXAMPPをインストールし、PHPの開発環境を構築していきます。 XAMPPとは X:Xross-PlatformA:ApacheM:MariaDBP:PHPP:Perlそれぞれの頭文字を …

YouTube