プログラミング

【Python】Excelを操作してみよう

投稿日:2020年11月24日 更新日:

今まで「Excelの自動化」ということで「VBA」について触れてきましたが、PythonでもExcelを操作できることを知っていますか?
今回は、Excelを操作できるライブラリの「openpyxl」を使っていきたいと思います。

openpyxlでExcelを操作してみよう

まずは「openpyxl」について軽く紹介します。

openpyxlってなんだろう

「openpyxl」とは、PythonでExcelファイルを操作できるライブラリのことをいいます。
他のライブラリで求めた結果を、Excelに書き込んだり、Excelファイルからデータを読み込むことができます。
今回は「Jupyter Notebook」を使って、試していきたいと思います。

Jupyter Notebookを使うには

「Jupyter Notebook」を使用したい時は、「Anaconda」をインストールしましょう。
「Anaconda」のインストールについてはこちら。

openpyxlをインストールしよう

「Anaconda」をインストールすれば、標準で「openpyxl」がインストールされているようですね。

openpyxlをインポートしよう

では、インポートしていきましょう。

import openpyxl as xl

インポート完了です。
「openpyxl」だと長いので「xl」としました。

新規のブックを作成してみよう

import openpyxl as xl
-------------------------------
nb = xl.Workbook()
nb.save(r"C:\Users\*****\test.xlsx")

「xl.Workbook()」で新規のブックを作成して「nb」に格納しています。
「nb.save」で保存場所を指定し、「test.xlsx」と名前を付けて保存します。

実行してみよう

実行すると、指定した場所に「test.xlsx」が作成されているはずです。

まとめ

「openpyxl」を使って、簡単ですが「Excel」を操作することができました。
他にも、セルに値を入力したり、すでにデータが入っているExcelファイルを読み込むことも出来るようです。
少しずつ試していきたいと思います。
ぜひ参考にしてみてください。
それではまた。

-プログラミング
-

執筆者:


  1. […] 【Python】Excelを操作してみよう […]

  2. […] 【Python】Excelを操作してみよう […]

  3. […] 【Python】Excelを操作してみよう […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【Python】Flask-WTFを使ってみる②

前回に引き続き、「Flask-WTF」を使っていきたいと思います。 forms.pyにコードを追記しよう 前回の記事はこちら。 【Python】Flask-WTFを使ってみる① from flask …

【Python】Excelファイルを読み込もう

前回作成したExcelファイルを読み込んでみたいと思います。今回も「openpyxl」を使っていきますよ~。 Excelファイルを読み込んでみよう openpyxlをインポートしよう まず、「open …

【Python】Flask-WTFを使ってみよう④

前回は「文字数」の「バリデーション」を設定しました。今回は「パスワード」の方を設定していきます。 パスワードの設定をしてみよう 前回の記事はこちら。 【Python】Flask-WTFを使ってみよう③ …

【Python】def文ってなんだ?

今回は、Pythonの「def文」について紹介していきます。 def文ってなんだ? 「def文」は「関数」を定義する際に使用する構文となります。 def文) def 関数(): 処理 ——– …

【WTForms】IntegerFieldを使ってみる

今回は「wtforms」の「IntegerField」を使ってみたいと思います。 IntegerFieldを使ってみる 「Integer」とは「整数」という意味です。なので「整数」のみ受け取るフォーム …

YouTube