プログラミング学習

【Python】Flask-WTFを使ってみよう④

投稿日:

前回は「文字数」の「バリデーション」を設定しました。
今回は「パスワード」の方を設定していきます。

パスワードの設定をしてみよう

前回の記事はこちら。

from flask import Flask, render_template
from flask_wtf import FlaskForm
from wtforms import StringField, PasswordField
from wtforms.validators import InputRequired, Length

app = Flask(__name__)
app.config['SECRET_KEY'] = 'secret'

class LoginForm(FlaskForm):
   username = StringField('ユーザー名', validators=[InputRequired(), Length(min=8, max=16, message='8文字以上16文字以下で入力してください')])
   password = PasswordField('パスワード')

@app.route('/form', methods=['GET', 'POST'])
def form():
   form = LoginForm()
   if form.validate_on_submit():
      return '<h1>ユーザー名は {}. パスワードは {}.'.format(form.username.data, form.password.data)
   return render_template('form.html', form=form)

if __name__ == "__main__":
   app.run(debug=True)

前回までのコードはこちら。

「AnyOf」をインポートしよう

「wtforms.validators」から「AnyOf」をインポートしてきます。

from flask import Flask, render_template
from flask_wtf import FlaskForm
from wtforms import StringField, PasswordField


------------------------------------------------------------
from wtforms.validators import InputRequired, Length, AnyOf
------------------------------------------------------------


app = Flask(__name__)
app.config['SECRET_KEY'] = 'secret'

class LoginForm(FlaskForm):
   username = StringField('ユーザー名', validators=[InputRequired(), Length(min=8, max=16, message='8文字以上16文字以下で入力してください')])
   password = PasswordField('パスワード')

@app.route('/form', methods=['GET', 'POST'])
def form():
   form = LoginForm()
   if form.validate_on_submit():
      return '<h1>ユーザー名は {}. パスワードは {}.'.format(form.username.data, form.password.data)
   return render_template('form.html', form=form)



if __name__ == "__main__":
   app.run(debug=True)

「AnyOf」は、指定した値と一致しているかをチェックします。

値を指定しよう

では「AnyOf」で値を設定していきます。

from flask import Flask, render_template
from flask_wtf import FlaskForm
from wtforms import StringField, PasswordField
from wtforms.validators import InputRequired, Length, AnyOf

app = Flask(__name__)
app.config['SECRET_KEY'] = 'secret'


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
class LoginForm(FlaskForm):
   username = StringField('ユーザー名', validators=[InputRequired(), Length(min=8, max=16, message='8文字以上16文字以下で入力してください')])
   password = PasswordField('パスワード', validators=[InputRequired(), AnyOf(values=['password'], message='パスワードが違います')])
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


@app.route('/form', methods=['GET', 'POST'])
def form():
   form = LoginForm()
   if form.validate_on_submit():
      return '<h1>ユーザー名は {}. パスワードは {}.'.format(form.username.data, form.password.data)
   return render_template('form.html', form=form)



if __name__ == "__main__":
   app.run(debug=True)

パスワードを「password」に設定しました。

form.htmlにコードを追記しよう

前回と同じように「{% for %}」と「{% end for %}」を追加していきます。

<html>
   <head>
   <title>TestForm</title>
  </head>
  <body>
     <h1>入力フォーム</h1>
     <form method="POST" action="{{ url_for('form') }}">
        {{ form.csrf_token }}
        {{ form.username.label }}
        {{ form.username }}
        <div>
           {% for error in form.username.errors %}
           <span style="color: red;">{{ error }}</span>
           {% endfor %}
        </div>
        {{ form.password.label }}
        {{ form.password }}

---------------------------------------------------------
        <div>
           {% for error in form.password.errors %}
           <span style="color: red;">{{ error }}</span>
           {% endfor %}
        </div>
---------------------------------------------------------

        <input type="submit" value="送信">
     </form>
  </body>
</html>

これで試してみましょう。

確認してみよう

入力しているものが見えるように「PasswordField」を「StringField」に
変えて試してみます。

パスワードは「password」なので「123456」ではエラーが表示されます。

「password」と入力することで、この画面が表示されるはずです。

まとめ

「パスワード」の「バリデーション」に取り組んでみました。
「データベース」と組み合わせれば「パスワードの更新」につながるような気がしてきました。
チャレンジしていきたいと思います。
それではまた。

-プログラミング学習

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【SQLite】DBブラウザを使ってみよう

「SQLite」を「GUI」で管理できるものがあることを知りました。それが「DB Browser for SQLite」です。今回はこの「DBブラウザ」について紹介します。 DBブラウザを使ってみよう …

【Python】Excelを操作してみよう

今まで「Excelの自動化」ということで「VBA」について触れてきましたが、PythonでもExcelを操作できることを知っていますか?今回は、Excelを操作できるライブラリの「openpyxl」を …

【Python】Flaskを使ってみよう

前回は「Flaskとは」から「Flaskのインポート」まで紹介しました。今回は「Flask」を使って、動作確認までしていきたいと思います。 Flaskを使ってみよう サーバーにアクセスした際に「Hel …

【Python】Excelファイルを読み込もう

前回作成したExcelファイルを読み込んでみたいと思います。今回も「openpyxl」を使っていきますよ~。 Excelファイルを読み込んでみよう openpyxlをインポートしよう まず、「open …

プログラミング学習のツール

緊張しながら初めての投稿です。現在までHTML、CSS、PHPの基礎を勉強しています。 今回は自分が使用している学習ツールについてご紹介します。 ドットインストール 自分はドットインストールというもの …