プログラミング

【Python】Flask-WTFを使ってみよう④

投稿日:2021年1月4日 更新日:

前回は「文字数」の「バリデーション」を設定しました。
今回は「パスワード」の方を設定していきます。

パスワードの設定をしてみよう

前回の記事はこちら。

from flask import Flask, render_template
from flask_wtf import FlaskForm
from wtforms import StringField, PasswordField
from wtforms.validators import InputRequired, Length

app = Flask(__name__)
app.config['SECRET_KEY'] = 'secret'

class LoginForm(FlaskForm):
   username = StringField('ユーザー名', validators=[InputRequired(), Length(min=8, max=16, message='8文字以上16文字以下で入力してください')])
   password = PasswordField('パスワード')

@app.route('/form', methods=['GET', 'POST'])
def form():
   form = LoginForm()
   if form.validate_on_submit():
      return '<h1>ユーザー名は {}. パスワードは {}.'.format(form.username.data, form.password.data)
   return render_template('form.html', form=form)

if __name__ == "__main__":
   app.run(debug=True)

前回までのコードはこちら。

「AnyOf」をインポートしよう

「wtforms.validators」から「AnyOf」をインポートしてきます。

from flask import Flask, render_template
from flask_wtf import FlaskForm
from wtforms import StringField, PasswordField


------------------------------------------------------------
from wtforms.validators import InputRequired, Length, AnyOf
------------------------------------------------------------


app = Flask(__name__)
app.config['SECRET_KEY'] = 'secret'

class LoginForm(FlaskForm):
   username = StringField('ユーザー名', validators=[InputRequired(), Length(min=8, max=16, message='8文字以上16文字以下で入力してください')])
   password = PasswordField('パスワード')

@app.route('/form', methods=['GET', 'POST'])
def form():
   form = LoginForm()
   if form.validate_on_submit():
      return '<h1>ユーザー名は {}. パスワードは {}.'.format(form.username.data, form.password.data)
   return render_template('form.html', form=form)



if __name__ == "__main__":
   app.run(debug=True)

「AnyOf」は、指定した値と一致しているかをチェックします。

値を指定しよう

では「AnyOf」で値を設定していきます。

from flask import Flask, render_template
from flask_wtf import FlaskForm
from wtforms import StringField, PasswordField
from wtforms.validators import InputRequired, Length, AnyOf

app = Flask(__name__)
app.config['SECRET_KEY'] = 'secret'


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
class LoginForm(FlaskForm):
   username = StringField('ユーザー名', validators=[InputRequired(), Length(min=8, max=16, message='8文字以上16文字以下で入力してください')])
   password = PasswordField('パスワード', validators=[InputRequired(), AnyOf(values=['password'], message='パスワードが違います')])
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


@app.route('/form', methods=['GET', 'POST'])
def form():
   form = LoginForm()
   if form.validate_on_submit():
      return '<h1>ユーザー名は {}. パスワードは {}.'.format(form.username.data, form.password.data)
   return render_template('form.html', form=form)



if __name__ == "__main__":
   app.run(debug=True)

パスワードを「password」に設定しました。

form.htmlにコードを追記しよう

前回と同じように「{% for %}」と「{% end for %}」を追加していきます。

<html>
   <head>
   <title>TestForm</title>
  </head>
  <body>
     <h1>入力フォーム</h1>
     <form method="POST" action="{{ url_for('form') }}">
        {{ form.csrf_token }}
        {{ form.username.label }}
        {{ form.username }}
        <div>
           {% for error in form.username.errors %}
           <span style="color: red;">{{ error }}</span>
           {% endfor %}
        </div>
        {{ form.password.label }}
        {{ form.password }}

---------------------------------------------------------
        <div>
           {% for error in form.password.errors %}
           <span style="color: red;">{{ error }}</span>
           {% endfor %}
        </div>
---------------------------------------------------------

        <input type="submit" value="送信">
     </form>
  </body>
</html>

これで試してみましょう。

確認してみよう

入力しているものが見えるように「PasswordField」を「StringField」に
変えて試してみます。

パスワードは「password」なので「123456」ではエラーが表示されます。

「password」と入力することで、この画面が表示されるはずです。

まとめ

「パスワード」の「バリデーション」に取り組んでみました。
「データベース」と組み合わせれば「パスワードの更新」につながるような気がしてきました。
チャレンジしていきたいと思います。
それではまた。

-プログラミング
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【Python】Jupyterで「.py」を実行するには?

「Jupyter Notebook」で「.py」を開くとテキストファイルとして読み込まれます。では「.py」を実行するにはどうしたらいいのでしょうか。実際に自分が使っている方法を紹介します。 Jupy …

【Python】ANACONDAのインストール

今回は実際に「ANACONDA」をインストールしていきます。既にPythonをインストールしている方はアンインストールしといたほうがいいみたいですね。 ANACONDAのインストール ではまずソフトを …

【Python】セルに値を入力してみよう

今回は「openpyxl」を使って、セルに値を入力してみたいと思います。「openpyxl」について、「Excelファイルの読み込み方法」は、以前の記事をご覧ください。 openpyxlでセルに値を入 …

【IT用語】OSってなんだ?

「OS」という言葉を耳にした人は多いと思いますが、どういうものかと聞かれるとうまく答えられない人がほとんどだと思います。今回から何回かに分けて「OS」についてまとめてみたいと思います。 OSってなんだ …

PHP開発環境

今回は実際にXAMPPをインストールし、PHPの開発環境を構築していきます。 XAMPPとは X:Xross-PlatformA:ApacheM:MariaDBP:PHPP:Perlそれぞれの頭文字を …

YouTube