プログラミング

【Python】Flask-WTFを使ってみる②

投稿日:2020年12月29日 更新日:

前回に引き続き、「Flask-WTF」を使っていきたいと思います。

forms.pyにコードを追記しよう

前回の記事はこちら。

from flask import Flask, render_template
from flask_wtf import FlaskForm

app = Flask(__name__)
app.config['SECRET_KEY'] = 'secret'

@app.route('/form')
def form():
   return render_template('form.html')

if __name__ == "__main__":
   app.run(debug=True)

前回はここまでコードを書きました。

パッケージをインポートしよう

「wtforms」から「StringFiled, PasswordField」をインポートします。

from flask import Flask, render_template
from flask_wtf import FlaskForm

-----------------------------------------------
from wtforms import StringField, PasswordField
-----------------------------------------------

app = Flask(__name__)
app.config['SECRET_KEY'] = 'secret'

@app.route('/form')
def form():
   return render_template('form.html')

if __name__ == "__main__":
   app.run(debug=True)

これらを使うことでフォームに入力する項目を制限することができます。

  • StringField: テキスト型の入力フォーム
  • PasswordField: パスワードを入力するフォーム(入力した値が見えないもの)

その他の「フィールド(Filed)」についてはこちら

classを定義しよう

先ほどインポートしたものを使ってクラスを定義してあげましょう。

from flask import Flask, render_template
from flask_wtf import FlaskForm
from wtforms import StringField, PasswordField

app = Flask(__name__)
app.config['SECRET_KEY'] = 'secret'

-----------------------------------------------
class LoginForm(FlaskForm):
   username = StringField('ユーザー名')
   password = PasswordField('パスワード')
-----------------------------------------------

@app.route('/form')
def form():
   return render_template('form.html')

if __name__ == "__main__":
   app.run(debug=True)

ぜひ真似してみてください。

インスタンスを作成しよう

「@app.route~」の下に追記します。

from flask import Flask, render_template
from flask_wtf import FlaskForm
from wtforms import StringField, PasswordField

app = Flask(__name__)
app.config['SECRET_KEY'] = 'secret'

class LoginForm(FlaskForm):
   username = StringField('ユーザー名')
   password = PasswordField('パスワード')


-----------------------------------------------
@app.route('/form')
def form():
   form = LoginForm()
   return render_template('form.html', form=form)
----------------------------------------------


if __name__ == "__main__":
   app.run(debug=True)

form.htmlの中身を記述しよう

前回作成した「form.html」の中身を書いていきます。

<html>
   <head>
   <title>TestForm</title>
  </head>
  <body>
     <h1>入力フォーム</h1>
     <form method="POST" action="{{ url_for('form') }}">
        {{ form.csrf_token }}
        {{ form.username.label }}
        {{ form.username }}
        {{ form.password.label }}
        {{ form.password }}
        <input type="submit" value="送信">
     </form>
  </body>
</html>

こんな感じにします。

確認してみよう

ではどうなったか確認してみましょう。

このように表示されたでしょうか。
これだと送信ボタンを押しても何も起こらないので「forms.py」側にまたコードを追記していきましょう。

from flask import Flask, render_template
from flask_wtf import FlaskForm
from wtforms import StringField, PasswordField

app = Flask(__name__)
app.config['SECRET_KEY'] = 'secret'

class LoginForm(FlaskForm):
   username = StringField('ユーザー名')
   password = PasswordField('パスワード')


-----------------------------------------------
@app.route('/form', methods=['GET', 'POST'])
def form():
   form = LoginForm()
   if form.validate_on_submit():
      return '<h1>ユーザー名は {}. パスワードは {}.'.format(form.username.data, form.password.data)
   return render_template('form.html', form=form)
----------------------------------------------


if __name__ == "__main__":
   app.run(debug=True)

これで「ユーザー名」と「パスワード」が表示されるはずです。

送信してみよう

「ユーザー名」と「パスワード」を適当に入力してみます。

「ユーザー名」に「ANDoblog」、「パスワード」に「password」と入力していたのでそのまま表示されました。送信成功です。

まとめ

「flask-wtf」を使ってフォームを作成してみました。
このままだと入力フォームに制限がなく、なんでも入力できてしまいます。
「文字数」や「数値」を制限するには、もう一工夫必要のようです。
地道に頑張りましょう。
それではまた。

-プログラミング
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【Python】ログイン機能を作る「Flask-Login」③

「Flask-Login」を使って「ログイン機能」を作っていきます。これでPart3になりますね。今回は「ログインが必要なページ」を作っていきたいと思います。 「@login_required」を使っ …

ローカル掲示板①

今回はPHPの学習を兼ねて掲示板を作っていきます。 ①ベース作成 まずは掲示板のベースを作っていきます。HTMLを使いますね。 とりあえずこんな感じにします。 <!DOCTYPE html&gt …

【Python】Flaskのフォルダ構成

「Flask」でアプリを作成する際に、知っておきたいフォルダ構成を紹介します。 Flaskでアプリを作成してみよう 「Flask」を勉強し始めて、1か月が経過しました。この1カ月で学んだ「Flask」 …

【Python】Flask-WTFを使ってみる①

今回は「Flask-WTF」について紹介していきます。これはFlaskでアプリを作成する際に、簡単に「フォーム(Form)」を作成できるものです。実際に試していきたいと思います。 Flask-WTFを …

【HTML】iframeタグで動画を埋め込む

会社のイントラで「frameタグ」を使用していたんですが、今はもう廃止されているんですね。その代替えとして「iframeタグ」というものがあったので紹介します。今回は、自分の好きな動画をWEBページに …

YouTube