プログラミング学習

【Python】Flask-WTFを使ってみる②

投稿日:

前回に引き続き、「Flask-WTF」を使っていきたいと思います。

forms.pyにコードを追記しよう

前回の記事はこちら。

from flask import Flask, render_template
from flask_wtf import FlaskForm

app = Flask(__name__)
app.config['SECRET_KEY'] = 'secret'

@app.route('/form')
def form():
   return render_template('form.html')

if __name__ == "__main__":
   app.run(debug=True)

前回はここまでコードを書きました。

パッケージをインポートしよう

「wtforms」から「StringFiled, PasswordField」をインポートします。

from flask import Flask, render_template
from flask_wtf import FlaskForm

-----------------------------------------------
from wtforms import StringField, PasswordField
-----------------------------------------------

app = Flask(__name__)
app.config['SECRET_KEY'] = 'secret'

@app.route('/form')
def form():
   return render_template('form.html')

if __name__ == "__main__":
   app.run(debug=True)

これらを使うことでフォームに入力する項目を制限することができます。

  • StringField: テキスト型の入力フォーム
  • PasswordField: パスワードを入力するフォーム(入力した値が見えないもの)

その他の「フィールド(Filed)」についてはこちら

classを定義しよう

先ほどインポートしたものを使ってクラスを定義してあげましょう。

from flask import Flask, render_template
from flask_wtf import FlaskForm
from wtforms import StringField, PasswordField

app = Flask(__name__)
app.config['SECRET_KEY'] = 'secret'

-----------------------------------------------
class LoginForm(FlaskForm):
   username = StringField('ユーザー名')
   password = PasswordField('パスワード')
-----------------------------------------------

@app.route('/form')
def form():
   return render_template('form.html')

if __name__ == "__main__":
   app.run(debug=True)

ぜひ真似してみてください。

インスタンスを作成しよう

「@app.route~」の下に追記します。

from flask import Flask, render_template
from flask_wtf import FlaskForm
from wtforms import StringField, PasswordField

app = Flask(__name__)
app.config['SECRET_KEY'] = 'secret'

class LoginForm(FlaskForm):
   username = StringField('ユーザー名')
   password = PasswordField('パスワード')


-----------------------------------------------
@app.route('/form')
def form():
   form = LoginForm()
   return render_template('form.html', form=form)
----------------------------------------------


if __name__ == "__main__":
   app.run(debug=True)

form.htmlの中身を記述しよう

前回作成した「form.html」の中身を書いていきます。

<html>
   <head>
   <title>TestForm</title>
  </head>
  <body>
     <h1>入力フォーム</h1>
     <form method="POST" action="{{ url_for('form') }}">
        {{ form.csrf_token }}
        {{ form.username.label }}
        {{ form.username }}
        {{ form.password.label }}
        {{ form.password }}
        <input type="submit" value="送信">
     </form>
  </body>
</html>

こんな感じにします。

確認してみよう

ではどうなったか確認してみましょう。

このように表示されたでしょうか。
これだと送信ボタンを押しても何も起こらないので「forms.py」側にまたコードを追記していきましょう。

from flask import Flask, render_template
from flask_wtf import FlaskForm
from wtforms import StringField, PasswordField

app = Flask(__name__)
app.config['SECRET_KEY'] = 'secret'

class LoginForm(FlaskForm):
   username = StringField('ユーザー名')
   password = PasswordField('パスワード')


-----------------------------------------------
@app.route('/form', methods=['GET', 'POST'])
def form():
   form = LoginForm()
   if form.validate_on_submit():
      return '<h1>ユーザー名は {}. パスワードは {}.'.format(form.username.data, form.password.data)
   return render_template('form.html', form=form)
----------------------------------------------


if __name__ == "__main__":
   app.run(debug=True)

これで「ユーザー名」と「パスワード」が表示されるはずです。

送信してみよう

「ユーザー名」と「パスワード」を適当に入力してみます。

「ユーザー名」に「ANDoblog」、「パスワード」に「password」と入力していたのでそのまま表示されました。送信成功です。

まとめ

「flask-wtf」を使ってフォームを作成してみました。
このままだと入力フォームに制限がなく、なんでも入力できてしまいます。
「文字数」や「数値」を制限するには、もう一工夫必要のようです。
地道に頑張りましょう。
それではまた。

-プログラミング学習

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【おすすめ】テキストエディタ

みなさんは「プログラミングコード」を何に書いていますか?様々な「テキストエディタ」がありますが今回は自分が使用しているおすすめのものを紹介します。 おすすめのテキストエディタ紹介 「テキストエディタ」 …

Anaconda(アナコンダ)について

Pythonを学習していくにあたって様々な用語を目にします。今回はその1つである、Anacondaについて触れていきます。 Anacondaとは AnacondaはPythonが入っているのは勿論のこ …

【Python】グラフを作成してみよう

Pythonでは、グラフを作成することも出来ます。今回は、実際にグラフの作り方を見ていきたいと思います。 Pythonでグラフを描いてみよう Pythonでグラフを作成するには「matplotlib」 …

社内イントラネットに掲示板作成してみた。②

「社内イントラネットに掲示板作成してみた。①」に続きましてIISのインストール方法を紹介します。 社内イントラネットに掲示板作成してみた。① IISを使用するメリット 「ASP」を使用して動的なサイト …

HTMLで出来ること

今回はプログラミングを学ぶ上で最初に通る道であろうHTMLについてです。 プログラミング入門 プログラミング言語は様々ありますがWEBページを作るうえで使用されるのがHTMLというものです。このページ …