プログラミング

【Python】VBAをPythonで再現してみる①

投稿日:2021年3月7日 更新日:

以前に「エクセル」で出来るプログラミングとして「VBA」を紹介しましたが
今回は「Python」でその中身を再現していきたいと思います。

VBAをPythonで再現してみよう

「VBA(Visual Basic for Applications)」とは、Excel,Word,PowerPointなどOfficeのアプリの機能をカスタマイズできるものですね。

今回再現していくものとして「セルの値を取得」をやっていきます。

VBAでの「セルの値を取得」についてはこちら。

Pythonでエクセルを操作する

今回「python」でエクセルを操作するために「openpyxl」を使っていきます。

「openpyxl」についてはこちら。

セルの値を表示させよう

今回はセル[A1]の値をメッセージボックスに表示させていきます。

まずは新規のエクセルファイルを作成して、セル[A1]に値を入力しましょう。

「Hello」と入力してみました。
保存して閉じておきましょう。

モジュールをインポートしよう

まずはメッセージボックスを表示させるための「messagebox」と「openpyxl」をインポートしていきましょう。

from tkinter import messagebox
import openpyxl as xl

エクセルファイルを指定して読み込もう

先ほど作成したエクセルファイルのパスを「excel_path」の中に代入していきます。

from tkinter import messagebox
import openpyxl as xl

-----------------------------------------------------------

excel_path = r"C:\○○○○\python.xlsx"
wb = xl.load_workbook(excel_path)
sheet = wb['Sheet1']

これで読み込んだエクセルファイルのシート選択まで完了です。

セルの値を表示させよう

まずは「a」という変数を設定して、そこにセル[A1]の値を代入します。

from tkinter import messagebox
import openpyxl as xl

excel_path = r"C:\○○○○\python.xlsx"
wb = xl.load_workbook(excel_path)
sheet = wb['Sheet1']

------------------------------------------------------------

a = sheet['A1'].value

次にメッセージボックスに表示させるために「messagebox.showinfo」に「a」の中身を渡します。

from tkinter import messagebox
import openpyxl as xl

excel_path = r"C:\○○○○\python.xlsx"
wb = xl.load_workbook(excel_path)
sheet = wb['Sheet1']
a = sheet['A1'].value

------------------------------------------------------------
messagebox.showinfo('セルの値',a)

wb.close()

「セルの値」はメッセージボックスの名前です。
好みで変えてください。

最後にエクセルファイルを閉じます。

実行してみよう

「vba.py」を実行して確認してみましょう。

このように表示されたでしょうか。

まとめ

「python」でエクセルを操作すればファイルを開かなくても、中身を確認することができますね。
以前に「画像の貼り付け」なども試した記事があるので参考にしてください。
それではまた。

「画像の貼り付け」についてはこちら。

-プログラミング
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【Python】SQLAlchemyを使ってみよう

前回「SQLAlchemy」について紹介したので、今回は実際に使ってみたいと思います。 SQLAlchmyを使ってみよう では「SQLAlchemy」を使っていきましょう。「SQLAlchemy」につ …

社内イントラネットに掲示板作成してみた。③

「社内イントラネットに掲示板作成してみた。②」に続きまして掲示板作成時のコードを紹介します。 コードを見てみよう クライアント側(利用者がみる側)とサーバー側(処理を実行する側)の2つを見ていきます。 …

HTMLで出来ること

今回はプログラミングを学ぶ上で最初に通る道であろうHTMLについてです。 プログラミング入門 プログラミング言語は様々ありますがWEBページを作るうえで使用されるのがHTMLというものです。このページ …

【Windows】ビット数を確認する方法

ソフトをインストールするうえで「64ビット」か「32ビット」で悩んだことはありますか?今回は、そんな「ビット数」の確認方法を紹介します。 ビットってなんだ? 「ビット」とは、コンピューターがデータを処 …

【Python】Flaskってなんだ?

Pythonのライブラリの中に「Flask」というライブラリがあります。「Flask」を使うことで、簡単に「WEBアプリケーション」を作成できるようなので試していきたいと思います。今回は、「Flask …

YouTube