【本紹介】チーズはどこへ消えた?

投稿日:2020年9月20日 更新日:

最近「チーズはどこへ消えた?」という本を読みました。
物語は約50ページほどで書かれており、1時間もあれば読み終わります。
この本は2000年に第一刷目が発行され、20周年を迎えた今でも2800万人というたくさんの人に読まれているそうです。
確かに面白く、自分の人生を改めて考えさせられる本だったので紹介します。

チーズはどこへ消えた? [ スペンサー・ジョンソン ]

価格:921円
(2020/9/19 22:07時点)
感想(38件)

【概要】チーズはどこへ消えた?

  1. 登場人物
  2. ストーリー

1.登場人物

この物語には2匹のネズミと2人の小人が登場します。
この2匹と2人は人間の中にある「単純さ」と「複雑さ」を表しています。

  • ネズミの『スニッフ』
  • ネズミの『スカリー』
  • 小人の『ヘム』
  • 小人の『ホー』

2.ストーリー

2匹と2人は迷路の中で「チーズ」を探しています。
この本の中での「チーズ」とは自分たちが「人生で求めるもの」の例えで、自分の幸せを探すというストーリーです。
2匹と2人はそれぞれのやり方でチーズを見つけ、幸せな日々を送っていました。
しかしある日、幸せの象徴であるチーズがなくなってしまうんです。
ここで2匹と2人の行動の違いが出てきます。
目の前の状況を受け入れ、すぐさま行動に移すもの。
チーズがなくなったことを受け止めきれず変化を嘆くだけのもの。などなど。

この本ではそんな人間の「単純さ」と「複雑さ」を感じることができ、今の自分に置き換えて考えることができます。
みなさんはこの登場人物たちのどれに当てはまるでしょうか。
ぜひ読んでみてください。ではまた。

チーズはどこへ消えた? [ スペンサー・ジョンソン ]

価格:921円
(2020/9/20 00:27時点)
感想(38件)

-

執筆者:


  1. […] チーズはどこへ消えた? […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【本紹介】スタンフォード式 最高の睡眠

「スタンフォード式 最高の睡眠」という本を読みました。「睡眠」に対しての考え方を改めるきっかけになったので紹介したいと思います。 スタンフォード式最高の睡眠 [ 西野精治 ] 最高の睡眠ってなんだろう …

YouTube