プログラミング

PHPで出来ること

投稿日:

今回はPHPに触れていきます

PHPとは

WEBページを作るうえでHTMLを使用しているということは以前書きましたがHTMLだけでは作成者(ブログ主など)が書いたものしか表示されません。
これでは作成者から閲覧者(見に来てくれる人)の一方通行ですね。
しかしPHPを使えば掲示板やショッピングカートなど閲覧者がそのページに書き込んだり、選んだ商品の数や金額を表示してくれる機能を作ることができます。

ローカル掲示板を作る

PHPを学んでいくうえで掲示板を作成していこうと思います。

PHPをインストールしよう

PHPを使うには環境を構築する必要があります。
方法は以下の通りです。

PHP環境構築の流れ

  1. PHPをインストールしよう
  2. Apacheをインストールしよう

自分はこの2つを別々でインストールしましたがXAMPPというものをインストールすれば2つを同時に入れることができます。
次回は実際に環境を構築していきます。

-プログラミング

執筆者:


  1. […] 」と「PHP(スクリプト言語)」を使って掲示板を作成しました。参考にどうぞ。 《記事一覧》 ・PHPで出来ること ・PHP開発環境 ・ローカル掲示板① ・ローカル掲示板② ・ローカル掲示板③ […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【Python】掲示板に「削除機能」を追加してみた①

以前作成した「Flask掲示板」に、投稿を削除する機能を追加してみました。「Flask-WTF」と「SQLAlchemy」を使ったものです。今回は、コードと機能を紹介したいと思います。 掲示板に「削除 …

【HTML】iframeタグで動画を埋め込む

会社のイントラで「frameタグ」を使用していたんですが、今はもう廃止されているんですね。その代替えとして「iframeタグ」というものがあったので紹介します。今回は、自分の好きな動画をWEBページに …

【Python】Flask-WTFを使ってみよう④

前回は「文字数」の「バリデーション」を設定しました。今回は「パスワード」の方を設定していきます。 パスワードの設定をしてみよう 前回の記事はこちら。 【Python】Flask-WTFを使ってみよう③ …

【Python】ColaboratoryでPython

Googleが提供している「Colaboratory」を紹介します。Python初心者にも気軽に使えるものになっていますね。 Google Colaboratoryとは 「Colaboratory」は …

【Python】ログイン機能を作る「Flask-Login」②

「ログイン機能を作る Part2」をやっていこうと思います。今回は「flask_login」で使うページ(テンプレート)の実装をやっていきます。 「flask_login」を使ってみよう ではまずイン …

YouTube