プログラミング

VBAでお仕事効率化

投稿日:2020年10月7日 更新日:

みなさんはExcelを仕事で使用していますか?
Excelの中には「VBA」というものが搭載されています。
この「VBA」が使えればいつものルーティンワークも自動化することができます。
今回は「VBA」の使い方を紹介していきます。

VBAとは

Visual Basic for Applications
(ビジュアルベーシック・フォー・アプリケーションズ)
というプログラミング言語です。
Excel,Word,PowerPointなどOfficeのアプリの機能をカスタマイズできます。

VBAの使用例

「C2」と「D2」に入力した数値をボタン1つで足し算してくれるものになります。

この「C2+D2」ボタンにマクロというものを登録しています。
マクロ機能(動作の仕方)を書いているのが「VBA」になります。

Sub test()
  Range("B2") = Range("C2") + Range("D2")
End Sub

上のようなものがコード(プログラム)です。
足し算をさせるだけなのでシンプルですね。

VBAの使い方(開発タブの設定)

既定のExcelではマクロが無効になっていたり、VBAを使用するための「開発タブ」が隠れているのでそれを有効にしていく必要があります。

開発タブを設定しよう

ファイル画面からオプションをクリックします。

「リボンのユーザー設定」から「開発」にレ点をつけて「OK」をクリックします。

そうすると開発タブが表示されますね。
これで開発環境が整いました。
左上の「Visual Basic」を開いてみましょう。

「VBA」では主に「標準モジュール」を使用すると思います。
開き方は上の写真の通りです。
「VBA」で調べると出来上がっているコードがコピーできるので実際に張り付けて動かすなどして理解を深めていきましょう。

まとめ

Excelを使用している方だったら「VBA」を活用している方は多いはずです。
使いこなせるようになれば今の業務が格段に楽になるはずです。
ぜひ活用してみてください。
それではまた。

-プログラミング
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【Python】Flask-WTFを使ってみる②

前回に引き続き、「Flask-WTF」を使っていきたいと思います。 forms.pyにコードを追記しよう 前回の記事はこちら。 【Python】Flask-WTFを使ってみる① from flask …

【Python】Flaskのフォルダ構成

「Flask」でアプリを作成する際に、知っておきたいフォルダ構成を紹介します。 Flaskでアプリを作成してみよう 「Flask」を勉強し始めて、1か月が経過しました。この1カ月で学んだ「Flask」 …

【Excel VBA】ユーザーフォームを使ってみよう3

前回はフォームのデザインまで作ることができました。今回は「ボタン」にプログラムを登録していきます。 前回の記事はこちら 【Excel VBA】ユーザーフォームを使ってみよう2 ユーザーフォームのデザイ …

社内イントラネットに掲示板作成してみた。②

「社内イントラネットに掲示板作成してみた。①」に続きましてIISのインストール方法を紹介します。 社内イントラネットに掲示板作成してみた。① IISを使用するメリット 「ASP」を使用して動的なサイト …

【Python】別のファイルを読み込んでみよう

Pythonでは「別のpyファイル」を読み込んで、そこに記述してある「変数」や「関数」などを使うことができるようです。 今回はその「インポート方法」を見ていきましょう。 別のpyファイルをインポートし …

YouTube