プログラミング

【Python】VBAをPythonで再現してみる②

投稿日:

前回に引き続き「VBA」の動きを「Python」で再現していきます。
今回は、セルの値を「繰り返し」取得して行きたいと思います。

セルの値を繰り返し取得しよう

前回はセルの値を取得し、メッセージボックスに表示させてみました。
まだご覧になっていない方は下記の記事をご覧ください。

セルの値を取得する

今回は「VBA」で作成した「セルの値の繰り返し取得」を「Python」で再現していこうと思います。

VBA版の「繰り返し取得」はこちら。

ループ処理を追加しよう

「繰り返し」取得していかなければならないので「ループ処理」を追加していきます。
「ループ処理」とは、同じ動作を繰り返し行わせるものです。

前回のコードを参考にしていきます。

import openpyxl as xl

excel_path = r"C:\○○○○\python.xlsx"
wb = xl.load_workbook(excel_path)
sheet = wb['Sheet1']

ここまででエクセルファイルの読み込みと、シートの選択が完了していましたね。
この下に「ループ処理」を追加していきましょう。

import openpyxl as xl

excel_path = r"C:\○○○○\python.xlsx"
wb = xl.load_workbook(excel_path)
sheet = wb['Sheet1']

----------------------------------------------

for row in sheet:
  print(row[0].value, row[1].value)

wb.close()

これで完成です。
今回はメッセージボックスには表示させず、ターミナルで確認していきます。

実行してみよう

セル[A6]に「byebye」を追加しておきました。

空白のセルは「None」で結果が返ってきます。

では「vba2.py」を実行します。

このように結果が返ってくるはずです。
しっかり値が入力されてある行まで繰り返されています。

まとめ

「ループ処理」を追加して「セルの値」を取得してみました。
メッセージボックスに表示させるところがうまくいかなかったのでもうちょっと試していきたいと思います。
それではまた。

-プログラミング
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【Python】ログイン機能を作る「Flask-Login」④

「Flask-Login」を使って「ログイン機能を作る」【Part4】になります。今回は「ログインページ(login.html)」に入力フォームを作っていきたいと思います。「Flask-WTF」を使っ …

【Python】ログイン機能を作る「Flask-Login」②

「ログイン機能を作る Part2」をやっていこうと思います。今回は「flask_login」で使うページ(テンプレート)の実装をやっていきます。 「flask_login」を使ってみよう ではまずイン …

【Python】SQLAlchemyを使ってみよう

前回「SQLAlchemy」について紹介したので、今回は実際に使ってみたいと思います。 SQLAlchmyを使ってみよう では「SQLAlchemy」を使っていきましょう。「SQLAlchemy」につ …

【Python】Flask-WTFを使ってみる①

今回は「Flask-WTF」について紹介していきます。これはFlaskでアプリを作成する際に、簡単に「フォーム(Form)」を作成できるものです。実際に試していきたいと思います。 Flask-WTFを …

【Python】Flaskを使ってみよう

前回は「Flaskとは」から「Flaskのインポート」まで紹介しました。今回は「Flask」を使って、動作確認までしていきたいと思います。 Flaskを使ってみよう サーバーにアクセスした際に「Hel …

YouTube