プログラミング学習

【Python】VBAをPythonで再現してみる②

投稿日:

前回に引き続き「VBA」の動きを「Python」で再現していきます。
今回は、セルの値を「繰り返し」取得して行きたいと思います。

セルの値を繰り返し取得しよう

前回はセルの値を取得し、メッセージボックスに表示させてみました。
まだご覧になっていない方は下記の記事をご覧ください。

セルの値を取得する

今回は「VBA」で作成した「セルの値の繰り返し取得」を「Python」で再現していこうと思います。

VBA版の「繰り返し取得」はこちら。

ループ処理を追加しよう

「繰り返し」取得していかなければならないので「ループ処理」を追加していきます。
「ループ処理」とは、同じ動作を繰り返し行わせるものです。

前回のコードを参考にしていきます。

import openpyxl as xl

excel_path = r"C:\○○○○\python.xlsx"
wb = xl.load_workbook(excel_path)
sheet = wb['Sheet1']

ここまででエクセルファイルの読み込みと、シートの選択が完了していましたね。
この下に「ループ処理」を追加していきましょう。

import openpyxl as xl

excel_path = r"C:\○○○○\python.xlsx"
wb = xl.load_workbook(excel_path)
sheet = wb['Sheet1']

----------------------------------------------

for row in sheet:
  print(row[0].value, row[1].value)

wb.close()

これで完成です。
今回はメッセージボックスには表示させず、ターミナルで確認していきます。

実行してみよう

セル[A6]に「byebye」を追加しておきました。

空白のセルは「None」で結果が返ってきます。

では「vba2.py」を実行します。

このように結果が返ってくるはずです。
しっかり値が入力されてある行まで繰り返されています。

まとめ

「ループ処理」を追加して「セルの値」を取得してみました。
メッセージボックスに表示させるところがうまくいかなかったのでもうちょっと試していきたいと思います。
それではまた。

-プログラミング学習
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【Python】CSVからグラフを作成してみよう

前回は、「CSVファイル」を「pandas」で読み込んで、表示しました。今回は、読み込んだ「CSVファイル」でグラフを作成したいと思います。 CSVファイルからグラフを作成しよう 「pandas」で読 …

【Python】別のファイルを読み込んでみよう

Pythonでは「別のpyファイル」を読み込んで、そこに記述してある「変数」や「関数」などを使うことができるようです。 今回はその「インポート方法」を見ていきましょう。 別のpyファイルをインポートし …

【Python】Excelファイルを読み込もう

前回作成したExcelファイルを読み込んでみたいと思います。今回も「openpyxl」を使っていきますよ~。 Excelファイルを読み込んでみよう openpyxlをインポートしよう まず、「open …

【Python】プログラムを実行する方法

「プログラムを実行してください。」と書かれていて、実行する方法がわからない人はいますか?今回は「テキストエディタ」の中で、プログラムを実行する方法を紹介します。 プログラムを実行する方法 今回、使用し …

【Windows】ビット数を確認する方法

ソフトをインストールするうえで「64ビット」か「32ビット」で悩んだことはありますか?今回は、そんな「ビット数」の確認方法を紹介します。 ビットってなんだ? 「ビット」とは、コンピューターがデータを処 …